【26日山陽12R】本紙の見解

2020.2.26 04:55更新

佐藤摩弥

 《12R・優勝戦》充実著しい佐藤摩が2016年5月の川口記念以来、2度目のGIIタイトルを獲得する。準決勝10Rでは好ダッシュから押し切り、今節3勝目をマーク。マシンの仕上がりは上々で、スタートの切れ味も申し分ない。青山、鈴木圭の2強が脱落し、チャンスは大きく広がった。真っ先に選択した1枠からトップスタートを決めて逃げ切る。

 果敢に仕掛ける新井恵を対抗に推したが、地元のエース・丹村、速攻勝負に出る丸山も差はない。

☆S想定(1)(5)(6)(4)(2)(3)(7)(8)