【15日地方競馬全力予想】ジョエルがSIタイトルを奪取する

2021.9.15 05:00

【15日・地方競馬全力予想】
 川崎競馬で「サンケイスポーツ盃戸塚記念」が行われる。GI馬キャッスルトップが人気を集めるが、黒潮盃の勝ちっぷりから成長が感じられたジョエルが逆転できると判断して◎を打った。今年で50回目の節目を迎える社盃を制するのは-。他3場も合わせて力強く勝負する!

【門別12R、CRAZYレバンガ北海道特別、1200メートル】
 イッツソーラッドはB4下の前走で0秒2差の2着。クラスにめどは立った。もまれずに立ち回れる外枠は好都合で、先団を射程に入れて抜け出しを図る。

【川崎11R、サンケイスポーツ盃戸塚記念、2100メートル】
 ジョエルは前走の黒潮盃で他馬より負担重量が重い58キロを背負いながら5馬身差の完勝。3番手から楽に抜け出す圧勝だった。3冠で戦ってきた強敵が相手だが、前走の内容から春より着実なパワーアップが感じられた。川崎コースはクラウンC勝ちを含め3戦2勝と相性は抜群で、負担重量が2キロ減るのも好材料だ。ライバルを撃破してSIタイトルを奪取する。

【名古屋11R、ダリア特別、1400メートル】
 コルテはA2特別で2勝をマーク。前走のA1特別は重賞級が相手だったが、条件が緩和すれば好勝負が可能だ。

【園田11R、近畿畜産特別、1700メートル】
 チャービルは2走前の重賞こそ相手が強かったが、前走のA2特別で3着。先行馬がそろった顔触れから展開が向きそうで、自慢の末脚が生きるとみた。

(勝ち馬アドバイザー 東京サンスポ・菊池敬太)

閉じる