地方競馬:ニュース地方競馬

2021.3.12 14:05

東京大賞典などGI・3勝サウンドトゥルー引退

2015年の東京大賞典などダート交流GIを3勝したサウンドトゥルー(手前)

2015年の東京大賞典などダート交流GIを3勝したサウンドトゥルー(手前)【拡大】

 2015年の東京大賞典などダート交流GIを3勝したサウンドトゥルー(船橋・佐藤裕太厩舎、セン11歳)が12日、引退することになった。同日朝の調教中に骨折を発症したため。今後は北海道新ひだか町の岡田スタッドで余生を過ごす。

 サウンドトゥルーはJRAの美浦・高木登厩舎所属で2歳秋にデビュー。2戦目で初勝利を挙げると地道に力をつけ、5歳になったオープン入り。15年秋の日本テレビ盃で重賞初勝利を飾ると、同年の東京大賞典で初のビッグタイトルを獲得した。16年にはチャンピオンズC(中京)で2度目のGI制覇を果たし、17年にはJBCクラシックを制してGI・3勝目を挙げた。

 18年の秋に船橋へ移籍した後も堅実に活躍。10歳を迎えた昨年も金盃連覇を果たすなど衰えのないスタミナを見せていたが、ここで現役生活にピリオドを打つことが決まった。

 佐藤裕太調教師は「12日の朝、調教中に骨折してしまいました。11歳でも雰囲気が良く、まだまだ大きいところも狙えると思っていたので、ショックが大きいです。一戦一戦が思い出に残っていますし、すごく厩舎を盛り上げてくれたので、感謝の気持ちでいっぱい。出発の日時は未定ですが、それまできちんとケアをして、北海道に送り出したいと思います」と突然の引退を惜しんでいた。

★サウンドトゥルーの競走成績はこちら