地方競馬:ニュース地方競馬

2021.1.14 04:54

【14日姫路11R】牝馬同士ならアイルビーゼア

 【11R検討】アイルビーゼアの前走は初の1700メートルでおしまいが甘くなったが、今回は「園田プリンセスカップ」で2着、「兵庫若駒賞」で3着の1400メートル。行ければハナに行くだろうが、この距離なら控えても十分に戦える。牝馬同士の一戦なら実績的にも上位だけに、初タイトル獲得のチャンスだ。

 フセノチェリーも「園田プリンセスカップ」「兵庫若駒賞」で4着。「兵庫ジュニアグランプリ」で強敵にもまれたのもいい経験になったはず。流れに乗ってのひと伸びを引き出せばV争いの1頭に。地力強化が目につくのがユナチャン。展開激化なら一発の怖さあり。少し間隔が開いたが、マルカフォルトゥナは実戦派。前、前でソツなく立ち回って。遠征組では名古屋のニジイロ。輸送でテンションが上がらなければ。

 【推奨3連単】(7)の1、2着づけで。