地方競馬:ニュース地方競馬

2020.2.12 22:00

【報知グランプリC】逃走サルサディオーネ重賞初V

報知グランプリCで待望の重賞初制覇を果たしたサルサディオーネ

報知グランプリCで待望の重賞初制覇を果たしたサルサディオーネ【拡大】

 12日の船橋競馬第11Rで行われた報知グランプリCは、岩田康誠騎乗で単勝5番人気のサルサディオーネが、スタートから果敢にハナを奪うとマイペースの逃げに持ち込んで押し切り、重賞初制覇を飾った=写真。タイム1分53秒8(良)。1馬身半差の2着に3番手から伸びたタービランス、さらにクビ差の3着にはヤマノファイトが入った。なお、上位2頭はダイオライト記念(3月11日、船橋、交流GII、ダ2400メートル)と、かしわ記念(5月5日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 ◆岩田康騎手(サルサディオーネ1着)「先生からハナか2番手という指示で、前残りの馬場だったので外枠から思い切って行った。馬自体が良くなっていたし、充実していると思う」

 ◆堀千亜調教師(同)「状態は前回よりアップしていたし、すんなり行ければと思っていたので、いい結果が出せて良かった。次走はエンプレス杯の予定」

■サルサディオーネ父ゴールドアリュール、母サルサクイーン、母の父リンドシェーバー。栗毛の牝6歳。大井・堀千亜樹厩舎所属。青森県東北町・荒谷牧場の生産馬で、馬主は菅原広隆氏。戦績27戦5勝(うち中央19戦4勝)。獲得賞金1億1247万7000円(うち中央7737万7000円)。重賞は初勝利。報知グランプリCは堀千亜樹調教師、岩田康誠騎手ともに初勝利。