地方競馬:ニュース地方競馬

2019.9.12 04:48

【12日門別12R】道営最強スーパーステションが主役

 《本紙の狙い》主役はスーパーステション。星雲賞は辛勝となったが、遠征直後で本調子とはいえない状態だった。前走後はレース間隔をあけて、心身ともにリフレッシュ。門別コースは2017年7月から13連勝中であり、“道営最強”の座は譲らない。

 オヤコダカは今季4戦4連対と完全に一時の不振を脱した。ベストはマイルだが、今の充実ぶりなら2000メートルでも好勝負になる。

 久々の地元戦となるハッピーグリンが▲。芝馬のイメージが強いが、2歳時には重賞でも好勝負を演じており、ダートでも軽視はできない。