地方競馬:ニュース地方競馬

2019.6.25 04:59

【菊池のフルスイング】優駿スプリント

 (11R)6ハロンの電撃戦に今年も南関東の快速自慢がそろったが、1200メートルで堅実な走りを見せているヴァルラームを有力視する。

 デビューから馬券圏外になったのは1400メートルの1度だけで、1200メートルでは【4・2・1・0】の安定感。ゲートに課題を残すものの、前走は五分のスタートで2着。勝ち馬の決め手に屈したが、ハイペースを先行して0秒1差に踏ん張った内容は高く評価できる。

 気性的に難しい面があるが、乗り難しい馬の騎乗に定評がる真島大騎手への手替わりなら問題はなく、前回は少し余裕残しの仕上がりながら持ち時計を更新したレースぶりからも充実ぶりがうかがえた。スプリント適性は世代トップクラスなだけに、五分のスタートを決めてタイトルを奪取する。馬連単は(5)(4)、(5)(15)を本線に(5)(2)、(5)(6)、(5)(10)、(5)(11)。3連単(5)→(4)(15)(2)→(4)(15)(2)(6)(10)(11)で勝負だ。