地方競馬:ニュース地方競馬

2019.6.4 19:21

4日大井4Rで5頭が落馬・競走中止 柏木ら2騎手が救急搬送

 4日の大井4R(サラC2、ダ1600メートル、14頭)で5頭が落馬、競走を中止するアクシデントが発生。柏木健宏騎手(38)=大井・騎手会所属=が頭部を負傷し、意識不明の状態で病院に搬送。丹内祐次騎手(33)=美・フリー=は意識はあったが、救急車で搬送され、ともにその後のレースは乗り替わりとなった。

 事故が起きたのは内回りコースの3、4コーナー中間点。(9)サイレンスディガが内に斜行し、富沢希騎手が騎乗した(13)コスモマギカが同馬と内ラチの間に挟まれるような形で転倒。その後ろを追走していた有年淳騎手の(2)スティックセニョル、柏木騎手の(5)ププ、藤本現暉騎手の(4)ギオンハイスーパー、丹内騎手の(7)ボンシュマンが巻き込まれた。この際、柏木騎手は後続馬に頭部を踏まれたと見られる。

 その後の診断で、丹内騎手は右腕打撲の疑いとされた。有年騎手は自ら病院に向かい、左肋骨部・右股関節挫傷と判明。藤本騎手、富沢騎手は異常がなく、騎乗を続けた。

 なお、内斜行したサイレンスディガ騎乗の遠藤健騎手は、10日から13日まで4日間の騎乗停止。柏木騎手が5日の東京ダービーで騎乗予定だったオーシャンブラックは西啓太騎手に変更。残る7鞍の乗り替わりは当日発表される。