地方競馬:ニュース地方競馬

2019.1.10 04:58

【南関散歩道】京成杯に出走予定のナイママに注目

 来週14日にJRA中山競馬場で行われる『京成杯』(GIII、芝2000メートル)に、川崎所属のナイママ(牡3、父ダノンバラード)=河津裕=が出走を予定している。

 ホッカイドウ在籍時から中央に遠征してコスモス賞を快勝し、続く札幌2歳Sでは勝ち馬ニシノデイジーと接戦を演じた。移籍初戦は、そのニシノデイジーが勝利した東京スポーツ杯2歳Sで13着に敗れたが、河津裕昭調教師は「レース前からテンションが高く、ジョッキーもコントロールしづらかった。でも、レース後はすぐに息が入っていたし、能力を出し切っていないよ」と振り返った。

 転入して2度目の中央遠征。トレーナーに中間の様子を聞いたところ、「踏み込みがしっかりしてきたし、メンタル面が成長して落ち着きが出てきた」といい、精神的に大人になってきたようだ。

 2014年の京成杯を制したプレイアンドリアル(父デュランダル)などを見てきた指揮官は、その重賞ウイナーたちと比べて、「筋肉の質がいいし、フットワークが柔らかい」と評価し、「中団でジッと脚をためれば差す脚は使ってくれるから、楽しみだね」と期待を寄せる。成長したナイママが中山競馬場でどんな走りを見せてくれるか注目だ。(菊池)