地方競馬:ニュース地方競馬

2018.12.10 16:29

【サンスポ杯ダービーGP】地元のチャイヤプーンが完勝

単勝1.5倍の断然人気に応え完勝した地元・岩手のチャイヤプーン(左)

単勝1.5倍の断然人気に応え完勝した地元・岩手のチャイヤプーン(左)【拡大】

 12月10日(月)の水沢競馬11Rで行われた第31回サンケイスポーツ杯・ダービーグランプリ(MI、3歳オープン、定量、ダート・右2000メートル、9頭立て、1着賞金=1000万円)は、地元・岩手のチャイヤプーン(牡、千葉幸喜厩舎)が村上忍騎手に導かれて完勝。単勝1.5倍の断然人気に応えた。タイムは2分12秒2(不良)。

 チャイヤプーンは大外の9番枠から出遅れたが、二の脚を利かせて、先行3頭を見据える2番手グループの外へ。2周目の向こう正面から仕掛けて3コーナーで2番手へ上がると、逃げ切りを図るクリノヒビキ(3番人気)を直線で力強くかわし、2馬身突き放した。4コーナー3番手から大外を回ったコーナスフロリダ(2番人気)は伸び切れず、さらに4馬身離れた3着だった。

 チャイヤプーンは、父フェデラリスト、母サイレントエクセル、母の父ウイングアローという血統。北海道新ひだか町・原ファームの生産馬で、大久保和夫氏の所有馬。通算成績は13戦9勝。

 ◆村上忍騎手「(スタートで)ちょっと遅れましたけど、外枠なので(あらかじめ)この位置を取ろうという感じではなかったですね。調教でも乗って状態がいいのは分かっていたので、気を抜かせずに走らせようとしました。この馬のポイントは仕掛けるタイミング。周りを確かめながら、そのタイミングだけ考えました。馬体の成長を感じますし、どんどん強くなっていくと思います」