地方競馬:ニュース地方競馬

2018.12.6 04:59

【6日大井11R】垣見のギャンブル三昧

【6日・大井11R◎の理由】

 5日に行われた『第10回勝島王冠』は◎を打ったモジアナフレイバーが完勝。本来、ゲートに不安がある馬を本命に据えることはしないのだが、別定53キロはあまりにも魅力。考えるまもなく主軸に据えて的中。ちなみに3着のリコーワルサーも3歳馬で53キロ。JRAのアーモンドアイ、ルヴァンスレーヴのように、南関東にも世代交代の波が押し寄せてきているということなのか…。

 6日大井メイン11Rは『ノースウィンド賞』(サラA2・B1、ダート1000メートル)。3歳馬モシオトゥニヤから…といきたいところだが、さすがに格上挑戦では荷が重い。ここはサマーダイアリーから攻める。同馬は全6勝を短距離戦で挙げている生粋のスプリンター。特に大井の5ハロン戦は連対率100%を誇り、舞台適性はメンバー随一だ。

 現級の3走前はハイペースを先行して2着に2馬身1/2差。走破時計も優秀で、同様の競馬ができれば勝機はある。ここは単勝で勝負する。

 垣見 耕平(かきみ・こうへい)

1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。

 ■垣見 耕平(かきみ・こうへい) 1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。