地方競馬:ニュース地方競馬

2018.8.30 04:59

【30日大井11R】垣見のギャンブル三昧

【30日大井11R◎の理由】

 29日の門別12R「ロードカナロア・プレミアム」でNARグランプリ年度代表馬に2度輝いたハッピースプリントが復帰した。結果は終始楽な手応えで、2着に3馬身差をつけて完勝。その走りに目が離せず、仕事中に画面に釘付け…。しっかりと気を入れ直して予想に入りたい。

 30日の大井11Rは『琉球新報賞』(サラA2下、ダート1400メートル)。シークロムに期待する。今年は未勝利だが、昨年12月に現級V。2着に下した相手は「サンタアニタトロフィー」で4着だった実力馬フォクスホール。同馬との比較からもA2下のメンバーが相手なら能力は上位。

 久々だった2走前は最後のひと踏ん張りが利かず完敗も、ひと叩きされた前走で走りが一変。ハイペースを先行して2着と上々の内容だった。引き続き御神本訓史騎手とのコンビは心強く、これといった逃げ馬も見当たらない。勝機は十分だ。単勝1点で勝負する。

 垣見 耕平(かきみ・こうへい)

1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。