地方競馬:ニュース地方競馬

2018.6.14 05:00

【14日地方競馬全力予想】キクノソルが首位争いだ

【14日地方競馬全力予想】

 13日の関東オークスはハービンマオが勝利。◎ララプリムヴェールは6着に敗れ、馬券も散々な結果に終わった。負けたぶんはきょうの地方4場で取り戻したい!!

【門別12R、オウケンブルースリ賞、1700メートル】

 クベーラの前走は重賞勝ち馬相手に0秒4差の2着。堅実な末脚が強みで、さばきやすい少頭数も歓迎。持ち味をフルに生かせれば突き抜けてもおかしくない。

【川崎11R、水無月特別、1600メートル】

 スプリント重賞で3勝を挙げているバンドオンザラン。近況はマイル戦にも慣れ、2走前に3着と好走。その勝ち馬が後にマイル重賞を制しており、リズム良く運べればチャンス十分だ。

【笠松11R、蘇水峡特別、1400メートル】

 転入初戦の前走を5馬身差で圧勝したセビージャ。相手は強化されるが、すんなり先手を奪えれば前走の再現もある。

【園田11R、DASH柳津・福山駅前開設5周年記念特別、1870メートル】

 キクノソルは4走前に交流GIIIで4着と健闘し、当地では【1・2・1・0】の安定感。特別戦で相手が弱化すれば首位争いだ。

(勝ち馬アドバイザー・東京サンスポ・菊池 敬太)