中野省吾騎手、調整ルームを抜け出し騎乗停止に

2018.3.17 05:00

 地方競馬の騎手免許試験で不合格となった中野省吾騎手(26)=船橋・渡辺薫=が、船橋競馬開催中の15日夜に無断で調整ルームから外出し、16~29日の実効10日間、騎乗停止となった。16日に船橋競馬の裁決委員に呼ばれた中野騎手は取材に応じ、「“断捨離”のため、自分の部屋に帰って掃除をしていました」と外出の理由を話した。

 同騎手が所有する騎手免許の期限は31日まで。今回の騎乗停止により、南関東で騎乗できるのは30日の大井開催のみとなった。同騎手は「乗れるのであれば、30日は騎乗したいと思っています」とした。

閉じる