地方競馬:ニュース地方競馬

2018.3.15 21:43

中野省吾騎手が免許試験不合格

 船橋所属の中野省吾騎手(26)=渡辺薫=が15日、騎手免許の継続試験で不合格となった。NAR地方競馬全国協会が同日、明らかにした。

 中野騎手は昨年8月にJRA札幌競馬場で開催された『ワールドオールスタージョッキーズ』に地方代表として出場するトップ騎手だが、この1年間の制裁回数が15回。レース中に他馬の頭をムチで叩くといった内容面も考慮され、今回の決定が下された。ただ、現在所有の免許は3月31日まで有効のため、その日までは騎乗可能で、再受験も許可されている。

 地方競馬の免許試験は全国で年に3回実施されているが、規定により最短で受験できるのは、来年4月1日から有効となる南関東の試験。これに合格すれば再び騎乗できる。なお、JRAや海外の騎手免許の受験については制約はない。

 所属場の千葉県競馬組合は「事態を重く受け止めている。再起に期待したい」とコメント。騎手免許を発行する地方競馬全国協会は「コメントできない」とした。