地方競馬:ニュース地方競馬

2017.10.12 20:32

【エーデルワイス賞】ストロングハートが戴冠~道営勢が上位独占

 10月12日(木)の門別競馬11Rで行われた第20回エーデルワイス賞(交流GⅢ、2歳オープン、牝馬、選定馬、定量、ダート・右1200メートル、16頭立て、1着賞金=2000万円)は、阿部龍騎手騎乗の2番人気ストロングハート(牝2歳、ホッカイドウ・角川秀樹厩舎)が3番手追走から直線早めに先頭に立ち後続の追撃を振り切った。タイムは1分12秒4(不良)。半馬身差の2着には4番手追走から直線外めを伸びたグラヴィオーラ(4番人気)、さらに4馬身差遅れた3着に大外を追い込んだリコーデリンジャー(10番人気)。地元ホッカイドウ競馬の所属馬が上位を独占した。

 エーデルワイス賞を勝ったストロングハートは、父サウスヴィグラス、母ファーストレディ、母の父スマートボーイという血統。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、馬主は(有)グランド牧場。通算成績は5戦3勝。重賞は2017年リリーカップ・H3に次いで2勝目。エーデルワイス賞は、角川秀樹調教師は2008年アンペア、2009年オノユウ、2012年ハニーパイ、2015年タイニーダンサーに次いで5勝目、阿部龍騎手は初優勝。

 ◆阿部龍騎手(1着 ストロングハート)「いつもチャカチャカする馬ですが、今日はゲート裏の輪乗りではだいぶ落ち着いていました。頭数が頭数なのでスタートは気をつけようと意識していました。道中は力んで走っているようすはなかったので、自分のリズムで走れているのかなと思いました。ナンボか早くなっちゃったんだけど、ある程度は持ちこたえてくれるんじゃないかという思いはありました。粘れてよかったです。デビューの頃より体もしっかりして、力をつけてきたのでこれからもすごい楽しみです」

★12日門別11R「エーデルワイス賞」の着順&払戻金はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!