地方競馬:ニュース地方競馬

2016.1.15 19:02

15日の大井5Rで7頭が絡む落馬事故

 15日の大井競馬5Rで、7頭(16頭立て)が絡む落馬事故が起きた。

 3コーナー過ぎで滝川寿希也騎乗のアエノブリザードが右第一指骨粉砕骨折を発症し、転倒。これに後続の6頭が次々巻き込まれた。滝川寿騎手は意識はあったが、競馬場の医務室で頭部、右上肢、左上下肢、左腰部打撲、頚椎捻挫と診断され、そのあと病院へ搬送された。

 このアクシデントで、有年淳騎手が左側胸部、頚部打撲、本橋孝太騎手は右左足背部打撲、柏木健宏騎手は頚部捻挫。本田正重騎手、江里口裕輝騎手はその後も騎乗を続け、以降の騎乗予定がなかった高橋昭平騎手も特に大きなけがは負わなかった。

 また、山崎誠士騎手(フォージドリシャル=3着)は転倒した馬の脚が腕に当たり、左上肢受傷打撲。その後のレースは乗り替わりとなった。