【かきつばた記念】コーリンベリー逃げ切り重賞初V

2015.5.4 16:34

 4日の名古屋10Rで行われた第17回かきつばた記念(4歳上オープン、交流GIII、ダート1400メートル、11頭立て=エーシンビートロンは出走取消、1着賞金=2100万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気コーリンベリー(牝4歳、栗東・柴田政見厩舎)が逃げ切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイムは1分25秒1(重)。

 横一線のスタートから人気のコーリンベリーが先手を取り、外からメイショウコロンボが2番手につける。アイファーソングが3番手につけ、その後ろにレーザーバレット、エナエビスと続いた。コーリンベリーはマイペースで逃げ、勝負どころでレーザーバレットもインから進出。4コーナーでは2番手の内側につけて直線に向かう。リズム良く運んだコーリンベリーは余力十分。2番手争いを尻目に力強く逃げ切り、1馬身1/2差で快勝した。2着は内から伸びた3番人気のレーザーバレット。さらに1馬身1/2差の3着が2番人気のメイショウコロンボで、JRA勢3頭による人気サイドの決着となった。地元のピッチシフターが地方最先着の4着。

 コーリンベリーは、父サウスヴィグラス、母コーリンラヴィアン、母の父ミシックトライブという血統。北海道日高町・今井牧場の生産馬で、伊藤恵子氏の所有馬。通算成績は13戦6勝(うち地方2戦1勝)。重賞初勝利。柴田政見調教師、松山弘平騎手ともにかきつばた記念初勝利。

閉じる