地方競馬:ニュース地方競馬

2015.3.22 20:45

【ばんえい】ばんえい記念の結果/お知らせ

ばんえい記念を制したキタノタイショウ(8番)

ばんえい記念を制したキタノタイショウ(8番)【拡大】

《キタノタイショウ号 実力馬の力を見せ悲願のばんえい記念初制覇》

 ばんえい十勝で2015年3月22日(日)に帯広競馬場で行われた「農林水産大臣賞典 第47回ばんえい記念」(4歳以上オープン・BG1)は、単勝2番人気のキタノタイショウ号が、「ばんえい記念」3回目の出場で気迫の走りで悲願の初制覇を飾りました。

 馬場水分2.4%で行われたこのレースは、インフィニティー号とキタノタイショウ号の単勝1番人気・2番人気の人気2頭が先行でひっぱり、他の馬もさほど離れず付いてきます。第二障害を単勝5番人気フジダイビクトリー号がまず仕掛け、すぐにキタノタイショウ号、インフィニティー号が続きました。どの馬も少しずつソリを動かしながら、果敢に挑んでいきます。

 まず、フジダイビクトリー号、ニュータカラコマ号の7歳馬2頭が先にクリアします。続いてインフィニティー号がほとんど差なく追いかけます。キタノタイショウ号が4番手で降りたときは前を行く3頭は電光掲示板を超え、残り35m付近を先に走っていました。しかし、ここからキタノタイショウ号の脚色が冴えわたります。

 フジダイビクトリー号も力強い足取りで後続馬を引き離しにかかりますが、残り20mで失速、止まりながらも先に進み、ニュータカラコマ号も腰をいれて止まっては進みます。その中をキタノタイショウ号が追いあげ、熾烈な攻防が繰り広げられます。残り7m付近でキタノタイショウ号がフジダイビクトリー号を捕え、優勝しました。キタノタイショウ号は2歳馬(明け3歳)の頂点「イレネー記念」(‘09)でも優勝しており、「イレネー記念」「ばんえい記念」をダブルで優勝したのは、ばんえい史上3頭目となりました。

 キタノタイショウ号の勝ちタイムは3分49秒9で、10着のファーストスター号は13分27秒6でした。ファーストスター号のゴール時には観客の大きな歓声・拍手が沸き起こりました。

 服部義幸調教師は、「ばんえい記念」初優勝、大河原和雄騎手は2度目(2001年サカノタイソン号)の優勝となります。

 2015年3月22日(日)の一日の総売り上げは1億1963万8600円(昨年1億2471万7800円)、ばんえい記念単体の売上は4150万0800円(昨年3976万9100円)、入場者数は4176人(昨年4264人)でした。

 また、今年度平成26年度の売上額について、昨日までの売上額が128億3125万8900円で本日の売上を合計すると129億5089万7500円になり、平成19年度の129億3397万1600円を超え単独開催後の最高額となりました。

関連

  • ばんえい記念を制したキタノタイショウ