地方競馬:ニュース地方競馬

2014.9.7 17:07

船橋の名伯楽 川島正行調教師が死去

数々の名馬を育て上げ、地方競馬を代表するトレーナーとして知られた川島正行調教師

数々の名馬を育て上げ、地方競馬を代表するトレーナーとして知られた川島正行調教師【拡大】

 数々の名馬を育て上げ、地方競馬を代表するトレーナーとして知られた船橋競馬の川島正行調教師が7日午後0時30分、病気のため死去した。66歳。

 川島調教師は1964年に船橋競馬で騎手としてデビュー。通算6668戦786勝(うち重賞13勝)の戦績を残して、調教師に転身した。90年の初出走からすぐに頭角を現し、中央で頭打ちになった馬を再生させたり、生え抜きの大物を次々と送り出すなどして、その存在を全国区に広めた。なかでも管理馬のアジュディミツオーは、地方所属馬として初めてドバイワールドカップに挑戦(05年6着)。地方どころか日本の枠をも飛び越える活躍で、“船橋に川島あり”を強く印象付けた。調教師としては地方通算4839戦1276勝(9月6日現在)。重賞139勝(うちGI・13勝)、勝率26.4%という驚異的な戦績を残した。東京ダービー5勝は歴代最多タイ。NARグランプリでは最優秀調教師賞を9回受賞した。千葉県調教師会の会長職も務めており、息子の川島正太郎騎手も活躍している。

 アジュディミツオーのほかにも、GI6勝のフリオーソや、ネームヴァリュー、マグニフィカといったGI馬を育て上げ、地方競馬のステータスを飛躍的に向上させた偉大なホースマンは、志半ばで惜しまれつつ世を去った。