【15日大宮9R】ホープ・緒方将樹が果敢に攻める

2022.1.15 05:00

 『ちゃりんこ探券隊』

 熊本のホープ・緒方将樹が好気合だ。S級初戦となった前回の高松は4、2、3着。「後ろに付いてくれていた先輩方の援護があったからこその成績です。自分の力だけでは、まだまだだなと感じました。もっと脚力をつけないと駄目ですね。もっともっと頑張ります」と決意を口にした。

 父は元選手の浩一さん(熊本=30期)で、「今回が初めての記念なんですが、父に『昨年の記念のレースを全部見ろ』って言われたので、何度も見て勉強してきました。3分戦はいいけど、4分戦は仕掛けるタイミングが難しいっていうのも教えてもらいました」とたくさんのアドバイスをもらい、ステップアップを図っている。

 前検日の指定練習後には、「めちゃくちゃ寒かったです。でもバンクは走りやすかったですよ」と好感触を得ていた。

 初日9R一次予選は、黒沢征治、蒔田英彦が相手の3分戦。「まずは力を出し切れるように頑張ります」と意気込む緒方が、格上の同型を相手に見せ場をつくる。

閉じる