競輪:ニュース競輪

2021.11.23 05:00

【23日小倉12R】「泰然」~郡司浩平

郡司浩平

郡司浩平【拡大】

 「南関の勝ち上がりが少なかった中で、自身が“最低限”という形になりました。細切れで単騎も多くて予想もつかなくて、流れの中で前に踏んで、行けるところがあれば…と。先にハナを切れたので、あとは(取鳥)雄吾がどこから来るのかなと。合わせて踏むイメージで考えていました。雄吾は出切ってペースに入れていた感じだったので、(スピードが)合ったところが3番手でした。そこは譲れない。飛びついて余裕はあったけど前のペースでしたから。ちょっと詰まって、なかなかヒデさん(外側の山田英明)を決められなくて、併走が長引いて仕掛けどころを逃しました。(番手から抜け出した松浦悠士を)捕らえるのは難しかったけど、ヒデさん(との併走)をしのいでゴールできたので。3番手だったので内も見えていたし。気負うこともなく走れました。(決勝では)連覇は意識しないで、しっかりと力を出し切れるように」

 宮本克美(みやもと・かつみ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して20年。選手の本音と車券に直結するコメントを提供すべく、検車場を徘徊中。「番手まくり」は大好物だが、本線崩しの「イン粘り」を愛する無情派

×