競輪:ニュース競輪

2021.1.10 04:57

【10日京王閣11R】伸びいい内田玄希の強襲に注

内田玄希

内田玄希【拡大】

 《ちゃりんこ探券隊》地元の内田玄希の伸びがいい。初日特選は、吉田篤史の先行を中団からまくった岸沢賢太の3番手から外を強襲して2着。準決勝(3R)では、伊東翔貴の番手にはまった鈴木雄一朗の後ろから突き抜けている。

 「雄一朗がなかなか踏まないから、脚がいっぱいなのか心配になりましたよ。番手から抜け出した雄一朗を差せているし、調子はいいですね」

 納得のいく仕上がりに表情は明るかった。最終日11R・A級決勝は、鈴木雄一朗-鈴木謙二-内田と地元3車で結束して挑む。

 「3人とも日大出身なんです。雄一朗は自転車部で、謙二と僕は陸上部だったんですけどね。同門だから一緒に練習をやっていたこともあるし、心強いですよ。3人で力を合わせて頑張ります」

 2段駆けも可能な“日大ライン”の並びで臨むだけに、3番手回りの内田にもVチャンスはある。

仲野谷有紀(なかのや・ゆき) 競輪担当

プロフィル

競輪記者になって約10年。車券の戦績はA級止まりですが、SSを目指し懲りずに買いまくってます。穴車券に役立つ情報を集めて日々、奮闘中。