競輪:ニュース競輪

2020.9.17 05:00

【17日大宮5R】『お宝探し』~吉川起也

 5RのS級一般戦は石口慶多-窓場千加頼の近畿勢と、吉川起也-坂上樹大の中部勢で2分戦。目標のない関東勢は小林潤二が位置は決めずにいく様子で、地元の大沢雄大は近畿勢の後位を選択。最終日のみの補充出走となる吉田裕全は最近は動いておらず、ここもまずは大沢の後ろあたりに付ける手か。

 得点上位でいざとなれば自力でも出られる窓場が人気を集めそうだが、穴候補として食指が動くのは吉川だ。今シリーズは初日の予選こそ4番手からまくって出たものの車が進まず4着に終わったが、2日目の一般戦では一戸康宏の2着をキープ。一戸を抑えたところで中釜章成-佐野梅一に行かれると内から佐野をすくって中釜の番手を確保。最後は一戸にまくり返されたが、中釜をかわして一戸の2着に突っ込んだもので、気合の入った走りが印象的だった。ここは「自力」といえども「自在」に近い走りで間隙を突いてきそうで、昨日のような機敏な立ち回りができればチャンスはありそうだ。

 車券は吉川からの3連単。2着、3着は流して(2)-全-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。