競輪:ニュース競輪

2020.7.26 17:19

福井競輪70周年記念「不死鳥杯」は脇本雄太が完全V!

福井記念を完全Vで制し、笑顔でポーズをとる脇本雄太

福井記念を完全Vで制し、笑顔でポーズをとる脇本雄太【拡大】

 福井競輪の開設70周年記念「不死鳥杯」(GIII)は26日、第9Rで決勝戦(7車立て)が行われ、脇本雄太(31)=福井・94期=が圧倒的な人気に応えて完全Vを飾った。地元で別線勝負となった伊原が果敢に抵抗をみせたが、打鐘からのロングスパートで粉砕。そのまま次元の違うスピードで他を寄せ付けず、地元記念では出場機会5連続Vを本領発揮の逃走劇で締めくくった。通算の記念優勝は7回目。2着は松岡健介、3着は東口善朋が入り、ラインで上位独占となった。

 ◆脇本「完全優勝はあまり意識していませんでしたが、大勢のお客さんの前で決めることができてうれしいです。伊原さんと別線は心苦しいところもあったけど、お互い力を出し切った結果だと思っています。次のオールスター(8月12日~名古屋)もしっかり優勝できるように頑張っていきたいですね」