競輪:ニュース競輪

2020.6.29 04:54

【29日取手9R】『お宝探し』~新田康仁

 南関が6人そろった9Rの特選は、同県で分かれてラインを形成。根田空史-田中晴基-海老根恵太の千葉勢に対し、静岡勢は内山雅貴-簗田一輝-新田康仁の並びで見え見えの2段駆けシフト。また高橋陽介-鹿内翔で並ぶ青森勢には、東北ラインで竹村勇祐まで続く。

 狙ってみたいのは新田だ。ここは静岡の3番手回りだが、2日目に主導権を取れなかった内山が強引に飛び出していく可能性はかなり高く、簗田は別線の反撃に合わせて早めの番手まくり。そんな流れを想定すれば最も恵まれそうなのは新田で、番手から出る簗田を一気に捕らえて今シリーズの初勝利が期待できそうだ。

 車券は新田からの3連単。2着、3着は流して(9)-全-全と狙うが、“先導役”の(6)内山は外してもいいだろう。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。