競輪:ニュース競輪

2020.6.21 04:57

【21日川崎11R】『お宝探し』~伊藤彰規

 第11RのA級決勝には、地元・神奈川勢が大挙6人進出。どんな並びに落ち着くのか注目していたら、結果は3人ずつ二手に分かれて戦うことになった。その並びだが、まず松坂侑亮に小島歩-石井毅が付け、一方の巴直也には伊藤彰規-山田和巧がマーク。また千葉勢は岡本英之-成清謙二郎で自在に構え、平田徹は単騎で前々から戦う。

 伸び盛りの松坂の方に勢いを感じるが、一方の巴にも前期S級の意地がある。地元同士とはいえ、同型である以上は割り切って真っ向からぶつかり合いそうで、見ているぶんには何とも面白いレースだ。

 さて車券はとなるとこれは難解だが、キャリアで勝る巴が最後は出切るとみて、番手を回る伊藤に期待したい。今回は初日から2、2着とまずまずの動きを見せており、ここも目標の巴が強引に松坂をつぶしにかかる展開なら、伊藤が番手で恵まれての逆転Vがあっても不思議ではない。

 車券は伊藤からの3連単。2着、3着は流して(6)-全-全といく。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。