競輪:ニュース競輪

2020.6.12 04:55

【12日平塚10R】『お宝探し』~太田将成

 第10RのA級決勝は太田将成-佐藤雅彦-寺林正秋の宮城勢に小笠原昭太が続いて4車になった東北勢に対し、迎え撃つ地元勢は加藤健一-柴田功一郎の布陣。また目標のない関東勢は磯田旭-小室貴広-国広哲治と並んで臨機応変に立ち回る。

 戦歴で磯田が一歩リードしていることは明らかだが、目標が不在なのはいかにも痛い。特選は飯田憲司、準決勝は斎木翔多と連日、静岡の機動型にお世話になっての勝ち上がりだが、決勝は好目標をあてがわれた前2日間とは違う。好位を狙って自らアクションを起こさなければならないのは、マイナス材料といって差し支えないだろう。

 ここは援軍豊富な太田の押し切りに期待したい。近況は2場所連続で決勝2着と乗れており、今回も予選、準決勝を1、2着と無難にまとめている。

 きょうの決勝はラインの長さを味方に先行主体の組み立てで臨むものと思われるが、タイミング良く抑えて主導権を取れれば磯田が番手を目指して切り込んでくる可能性も十分。後ろが競りなら太田に展開は味方する。マイペースに持ち込んでの押し切りにかけてみたい。

 車券は太田からの3連単。2着、3着は流して(7)-全-全と狙う。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。