競輪:ニュース競輪

2020.6.4 04:58

【4日小田原7R】『お宝探し』~藤田竜矢

 第7RのS級予選は菊池竣太朗-大木雅也-石橋慎太郎の静岡勢が本線を担うが、古川宗行-藤田竜矢の埼京勢に小林令が続く関東ライン、さらに蒔田英彦-江守昇の千葉勢に地元の吉原友彦が加わるラインにもチャンスはある。

 狙ってみたいのは藤田だ。しばらく優出から遠ざかってはいるものの予選では大きな取りこぼしもなく、1月の高松から3月の久留米まで、5場所連続で初日は確定板入りを果たしている。

 さらに当所では2013年6月の花月園メモリアルで、初日の特選でこのシリーズで優勝した松谷秀幸を相手に逃げ切り勝ちを収めており、相性はなかなかいいようだ。

 ここは埼京ラインで古川に付けるが、自力の決まり手もある藤田だけに、目標の古川が積極的に駆けた場合は番手まくりも視野に入れて勝機をうかがう。

 車券は藤田からの3連単。2着、3着は流して(1)-全-全と狙うが、別線の3番手回りとなる(4)石橋と(6)吉原は外してもいい。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。