競輪:ニュース競輪

2020.6.1 04:57

【1日小田原10R】『お宝探し』~高橋義秋

 第10RのA級特選は、南関勢が二手に分かれる3分戦。動けるタイプが多いことからも波乱含みの一戦だ。

 肝心の並びだが、4人そろった南関勢は花田将司-河野淳吾の99期コンビと小林寛弥-桜井丈の静岡コンビに分かれて別線勝負。これとは対照的に、遠征勢は安本昇平を先頭に高橋義秋-小原将通で3車のラインを組む。

 狙ってみたいのは高橋だ。伊藤稔真に付けた準決勝は中曽直彦に当たられて4着に沈んだが、初日の予選では中嶋宣成の番手に飛び付いての追い込み勝ちを収めているように出来は悪くない。自力の決まり手もある自在派だけに、目標の安本が積極的に仕掛けてくれれば、番手まくりも視野に入れた組み立てで人気の花田ラインを撃破するシーンも見られそうだ。

 車券は高橋からの3連単。2着はマークする小原と、力で花田を絡めての3着流しで、(2)-(7)-全、(2)-(4)-全といく。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。