競輪:ニュース競輪

2020.5.24 04:54

【24日川崎10R】『お宝探し』~山崎寛巳

 第10RのA級決勝は4分戦で波乱ムードが漂う。

 予想される並びだが、山崎寛巳-関智晴の新潟コンビが寺沼将彦に付けないため、寺沼には赤塚悠人がマーク。3人そろった南関勢は関根健太郎-渡辺颯太-大竹哲也でまとまり、奥出良には西のラインで吉良勝信が付ける。

 3月の武雄、玉野連続優出で復活ののろしを上げた山崎の一発にかけてみたい。初日の予選はマークの平石浩之がさばかれたため、番手にはまった渡辺に追い込まれたが、準決勝では坂木田雄介、赤塚、福田真平を相手に逃げ切り勝ち。レース後は「タイミングが良かったし、踏み出しで出切れると思った」と話していた。地道な練習の成果で長い距離を踏めるようになったことが、最近の好成績につながっているに違いない。

 ここは寺沼がいても自力にこだわったように自信もあるようす。もつれたところをタイミングを逃さず仕掛けられれば、悲願の1、2班戦初の優勝が期待できる。

 車券は山崎からの3連単。2着、3着は流して(3)-全-全と狙ってみる。

24

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。