競輪:ニュース競輪

2020.5.22 04:54

【22日川崎7R】『お宝探し』~大竹哲也

 第7RのA級予選は機動型の激突で混戦が予想される。並びは赤塚悠人-杉浦康一の北日本勢、小谷実-内山貴裕の京都勢、大竹哲也-石川英昭の静岡勢、浦山一栄-市倉孝良の東京勢と2車ずつの4分戦。これに単騎の吉竹雄城も自力で絡むためゴチャゴチャした展開になりそうだ。

 穴で狙ってみたいのは大竹だ。前走の玉野は落車による欠場明け初戦ということもあって準決勝で9着と大敗しているが、今回は十分な調整期間もあったため気配一変の可能性は大あり。その気になれば元静岡の吉竹を使うこともできるメンバー構成だが、自力を貫くあたりは気合も入っている様子だ。さすがに小谷あたりと最後までやり合う展開だと赤塚の思うつぼだが、タイミング良く主導権を取れればチャンスはある。

 車券は大竹からの3連単。追走する石川との(3)⇔(9)から3着は流しで。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。