競輪:ニュース競輪

2020.2.12 04:59

【12日松戸12R】『お宝探し』~津村洸次郎

 第12Rは準決勝で唯一の3分戦。本線となるのは小林泰正に岡光良-岡本大嗣の埼京勢が続く関東ラインで、別線は村上直久-小林則之-春日勇人の南関勢と、津村洸次郎-西田雅志-朝日勇の遠征勢だ。

 予選で神田龍に合わされて2着に終わった小林泰が雪辱を誓って先制攻撃に出るが、特選で2着に逃げ残って自信復活の村上が抵抗することは必至。場合によっては両者で踏み合いになるケースも考えられる。

 そんな流れを想定すると、ここは津村の一発に食指が動く。初日の予選では、先行した加賀山淳-江守昇ラインを捕らえているように調子も上々。ここも中団で脚を温存できれば直線での強襲が侮れない。

 車券は津村からの3連単。西田、小林泰、村上を2着に固定しての3着流しで、(1)-(7)全、(1)-(3)-全、(1)-(2)-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。