競輪:ニュース競輪

2020.2.11 16:43

【全日本選抜競輪】植原の次走に期待

『第35回全日本選抜』でGIデビューを果たした埼玉のホープ・植原琢也

『第35回全日本選抜』でGIデビューを果たした埼玉のホープ・植原琢也【拡大】

 8~11日の日程で豊橋競輪場で開催された『第35回全日本選抜』でGIデビューを果たした埼玉のホープ・植原琢也は、8、5、1、5着でシリーズを終えた。

 「今回は繰り上がりで出場できることになったので、思い切った走りができればいいなと思っていました。初日は着は悪かったけど、でもしっかり踏み切れたなという感じだったんです。それで気持ちが入りましたね」

 年末の立川を終えると、虚無感に襲われた。1、2着と2日間は好走を披露したが、決勝は車体故障で8着に敗れたからだ。「これまでにないくらい集中して走れていたのに、まさかの結果に終わってしまって。なんで? っていう感じでした」。気持ちを切り替えることができず年明けまで引きずってしまったが、今大会をきかっけに再び“やる気スイッチ”が入った。

 「1着も取れたけど、脚力やレースの組み立て方などまだまだ足りないことが多いなと感じました。もっと練習してきます。でも初めてのGIは楽しかったですよ」

 大舞台を経験したことで、精神的にひと回り大きくなったようだ。次走は26日からの小倉(ナイター・FII)。「師匠の(相川)永伍さんもいるんですよ。僕がS級に上がってからは一緒の開催は初めてなので、2人で勝ち上がってワンツーを決められるように頑張ります」と意気込んでいた植原の走りに注目したい。