競輪:ニュース競輪

2020.2.11 16:44

【全日本選抜競輪】清水裕友が番手まくりでGI初V

全日本選抜競輪で優勝した清水裕友

全日本選抜競輪で優勝した清水裕友【拡大】

 競輪のGI第35回全日本選抜競輪は11日、豊橋競輪場の第12Rで決勝戦が行われ、先行した松浦悠士の番手を回った清水裕友(25)=山口・105期=が番手まくりを放って優勝。うれしいGI初制覇を飾った。2着は後方から追い込んだ平原康多。3着には山田英明が入った。

 レースは勝負どころで三谷竜生-村上博幸の近畿勢が仕掛けると、満を持して松浦が先行。清水はしっかりとマークして3番手以下に三谷-村上-山田-平原-佐藤慎太郎-郡司浩平-和田健太郎の一本棒。最終3コーナーで清水が番手からまくって出ると、早めに踏んで迫る山田と後方から猛追した平原を振り切って優勝し、賞金3040万円とKEIRINグランプリ2020の出場権を獲得した。松浦はゴール前で落車。

 ◆清水裕友「優勝できましたが、松浦さんが落車したので複雑です。レースは松浦さんが先行してくれたので、自分はついていくだけでした。(GI優勝は)子供の頃からの夢だったのでうれしいです」

関連

  • 日本選抜競輪を制した清水裕友(右)