競輪:ニュース競輪

2020.1.8 17:05

開設70周年記念『和歌山グランプリ』をPR

和歌山競輪のPRで来社したフリーアナウンサーの山口みのりとマスコットキャラクターの「わかちゃん

和歌山競輪のPRで来社したフリーアナウンサーの山口みのりとマスコットキャラクターの「わかちゃん【拡大】

 あす10日から13日までの4日間、和歌山競輪場で開催される開設70周年記念『和歌山グランプリ』(GIII)のPRのため、フリーアナウンサーの山口みのりさんと関係者が8日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

 S級S班は、昨年の「KEIRINグランプリ2019』で頂点に立った佐藤慎太郎をはじめ、寛仁親王牌優勝の村上博幸、競輪祭を制した松浦悠士の3人が参戦。地元からは前々回大会優勝の東口善朋や椎木尾拓哉、稲毛健太、南潤らが出場する。

 山口さんは「佐藤慎太郎選手に注目していますが、地元勢にも頑張ってほしいですね」とアピール。

 和歌山県公営競技事務所の野崎雅昭次長は「売り上げ目標は56億円です」と語った。