競輪:ニュース競輪

2019.12.2 04:54

【2日平塚6R】『お宝探し』~近藤修康

 第6RのA級特選は実力者がそろって波乱ムードが漂う。

 予想される並びだが、伊藤翔貴に東北ラインで山崎将幸が付け、大矢崇弘には埼京ラインで台和紀がマーク。そして石口慶多には白上翔-伊藤世哉まで続いて中部・近畿ラインが形成されるが、長谷部翔は単騎での自力勝負になりそうで、近藤修康は位置は決めずに戦う。

 最近10場所で17勝と白星を量産、9月の当所では優勝の実績もある伊東が人気を集めそうだが、大矢も前回の松戸で降級後初の優勝を飾るなど本格化してきており、両者で踏み合う展開も予想されるだけに波乱の余地は十分ある。

 穴で狙ってみたいのはベテラン。近藤だ。9月の小倉を皮切りに目下6場所連続優出と差し脚は安定しており、ここも勝負どころで中団以内を確保できれば、直線でスルスルと伸びてくるシーンが見られそうだ。

 車券は近藤からの3連単。2着、3着は流して(9)-全-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。