競輪:ニュース競輪

2019.11.3 04:54

【3日小田原7R】『お宝探し』~高田修汰

 第7Rのチャレンジ決勝は、予選、準決勝を無傷で勝ち上がってきた古賀勝大、鈴木涼介、高田修汰の115期3人の力勝負が焦点だ。

 予想される並びだが、鈴木に田村純一-島田茂希-橋本祐司まで続いて北日本ラインを組み、近畿の2人は古賀-高田の並び。関東単騎となった西巻秀太は切れ目からの自在戦になるが、展開次第では番手に切り込むこともあるだろう。

 ラインの長さを味方に鈴木が有利に運べそうな一戦だが、これだけ自力型がそろえばそう簡単にはマイペースに持ち込めない。うまく主導権を取ったとしてもタイミング次第では末脚を欠くこともありそうで、不動の本命とはいえないだろう。

 穴で狙ってみたいのは高田だ。予選、準決勝を逃げ切りで連勝しているように状態は良く、ここは古賀に前を任せる気楽さもある。その古賀が鈴木をつぶしにいって両者で踏み合いにでもなれば、最後は高田が自力で仕掛けて抜け出してこよう。

 車券は高田からの3連単。2着、3着は流して(3)-全-全といく。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。