競輪:ニュース競輪

2019.10.10 17:15

取手・サンスポ賞は高橋和也がまくって優勝!

2月の大垣に次ぐ今年2度目の優勝を飾った高橋和也

2月の大垣に次ぐ今年2度目の優勝を飾った高橋和也【拡大】

 高橋和也に本社賞-。『サンケイスポーツ賞』をかけた取手競輪S級決勝戦は最終日の10日、第11Rで先頭固定・2025メートルとして争われ、佐藤龍二の先行を3番手からまくった高橋和也(愛知)がマークの渡辺十夢を退けて快勝。2月の大垣に次ぐ今年2度目の優勝を飾った。同選手の次回出場予定は16日からの小田原。

 レースは初周で隊列が整い、高橋-渡辺-佐藤-望月-杉本-中田-桜井-斎藤-田中で周回。赤板過ぎで桜井以下が抑えると杉本が切り替え、打鐘3コーナーから後方外併走から佐藤が叩く。ホームでは佐藤-望月まで出切るが桜井は立ち遅れ、3番手に追い上げた高橋が2コーナーからまくって渡辺を振り切った。

 ◆高橋和也「展開にも恵まれたけど、元のフレームに戻してよかった。今までは弱気になっていた部分もあるけど、今回は位置取りも意識して走れたし、収穫の多いシリーズでした」