競輪:ニュース競輪

2019.10.8 04:50

【8日取手11R】『お宝探し』~杉本正隆

 初日のメイン、第11RのS級特選は傑出者不在の3分戦。展開次第で誰が勝ってもおかしくはない激戦必至のカードだ。

 予想される並びだが、高橋和也に中部同士の北野武史が付け、片折亮太-朝倉佳弘の埼京勢には地元の杉本正隆が続いて関東ラインを形成。また藤井栄二の後位は田中誠と武井大介で競りになり、斎藤登志信は単騎で前々からの競走になりそうだ。

 “迷ったときの地元頼み”ではないが、ここは杉本の突っ込みにかけてみたい。さすがに当所はホームバンクだけあって実績を残しており、目下5回連続で優出。そのうち前回(8月)は優勝を手中に収めている。ここは埼京勢追走からの戦いになるが、片折がラインの長さを味方に積極的に主導権を取る展開なら、その3番手は悪い位置ではない。伸びるコースも熟知しているであろうし、直線での抜け出しには食指が動く。

 車券は杉本からの3連単。前を回る朝倉を2着に固定しての3着流しで、(2)-(9)-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。