競輪:ニュース競輪

2019.9.8 15:01

岩本俊介がブロックセブンを制す 8日青森6R

青森記念の最終日第6Rで行われたブロックセブンを制した岩本俊介

青森記念の最終日第6Rで行われたブロックセブンを制した岩本俊介【拡大】

 8日の青森記念最終日第6Rで行われたブロックセブンは、岩本俊介(35)=千葉・94期=が制した。

 前受けからレースを進め、戸田康平-佐方良行を受けて3番手を占めたが、中井俊亮-島野浩司が追い上げて3番手以降は併走となった。それでも「中井君も脚を使っていなかったので、引くわけにはいかなかった」と3番手併走のまま最終HSを通過。2角で佐方が中井を牽制した一瞬の隙を見逃さずに佐方の内へ入ると、今度は戸田の内を抜けて踏み上げ、自力に転じた佐方に踏み勝った。

 連係した大槻寛徳、中村淳を連れ込めなかったこともあり、「たまたま内があいただけなので。ちょっと消化不良な感じでしたね」とレース内容には納得していない様子だった。

 それでも収穫はあった。「今までのよりもちょっと硬めにしたフレームの感じは良かったですよ」と今回使用した新車に確かな手応えをつかんでいた。

 次走は13~16日の日程で松阪で開催される共同通信社杯(GII)で、「しっかり力を出し切れるように頑張ります」と健闘を誓った岩本から目が離せない。