【18日松戸4R】『お宝探し』~高山雄丞

2019.8.18 04:50

 第4RのA級特選は動けるタイプがそろってもつれそうだ。

 予想される並びだが、吉竹尚城に宮倉勇-田口裕一の地元コンビが付けて南関ラインを組み、山崎晃には中部同士の富永益生がマーク。また福岡勢は井上将志-城戸崎隆史で並び、愛媛勢は高山雄丞-岡田啓渡の並びで連係する。

 二次予選での落車のアクシデントにもめげず、3日目の一般戦で勝ち星を挙げた富永が実績で一歩リードしているが、目標次第の不安もあり、決して信頼度の高い本命とはいえない。

 怖いのは高山-岡田の愛媛コンビだ。高山は一次予選こそ吉竹尚城のペースにはまって不発の6着に終わったが、2日目の一般戦を赤板過ぎからの先行策で押し切ると、3日目の選抜では寺沼将彦の先行をまくって快勝しているように出来はいい。ここは後ろが同県の先輩・岡田だけに積極的に主導権を取りに出ることは必至で、タイミング良く仕掛けて中団のもつれを誘えれば別線の反撃は断ち切れる。

 車券は高山からの3連単。追走する岡田との(6)⇔(8)から3着は流しで。

閉じる