競輪:ニュース競輪

2019.8.12 04:53

【12日川崎10R】『お宝探し』~矢口大樹

 第10Rの特選は3人ずつのきれいな3分戦となった。機動力随一の矢口大樹に成田健児-大塚英伸が付けて南関ラインを組み、宿口陽一-中田健太の埼玉勢には埼京ラインで佐藤真一がマーク。そして3人そろった広島勢は、木村幸希-増原正人-西岡拓朗と2段駆けも視野に入れたシフトで臨む。

 狙ってみたいのは矢口だ。準決勝4着で惜しくも優出は逃したが、河合佑弥を叩いての先行策でマークした同県・鈴木裕を首位に導いたもの。2日目の二次予選Bでは一気のカマしで押し切っており、調子に関しても何ら問題はさそうだ。ここは木村とやり合ってしまうとまくり狙いの宿口の思うツボだが、多少は強引にでも出切ってしまえば木村の動きは封じられる。最後は成田を退けてのシリーズ2勝目にかけてみたい。

 車券は矢口からの3連単。2着は成田、西岡、宿口に固定しての3着流しで、(4)-(1)-全、(4)-(2)-全、(4)-(5)-全といく。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。