競輪:ニュース競輪

2019.7.17 04:57

【17日平塚7R】『お宝探し』~成清謙二郎

 第7RのS級一般は細切れの4分戦。藤井昭吾に猪俣康一-三浦稔希の愛知勢が付ける中部・近畿ラインだけが3車で、小原唯志-川口満宏の関東勢、本多哲也-成清謙二郎の千葉勢、さらに庄子信弘-高橋秀吉の東北勢も、いずれも2車ずつの構成となった。

 先行実績でリードする小原が人気を集めることになるだろうが、初日の走りを見てもまだ完調ではなさそう。ましてここは藤井が主導権争いを挑んでくる可能性もあるだけに、共倒れのケースは考えておかなければならない。

 穴で狙ってみたいのは本多-成清の千葉勢だ。初日に蕗沢鴻太郎ラインの4番手を嫌って猪俣康一に付けた成清は6着に沈んだが、レース後は「付いていて楽だったんだけどね…」と話していたように状態は悪くはなさそう。ここは同県の本多という目標もあり、その本多が先行争いをタイミングを逃さずまくって出れば、追走する成清にもチャンスはあるはずだ。

 車券は成清からの3連単。2着も本多の残りに絞っての3着流しで、(6)-(3)-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。