『湘南ダービー』は松岡健介が優勝 14日平塚

2019.5.14 18:50

 伏兵・松岡健が優勝-。開設69周年記念の平塚競輪『湘南ダービー』(GIII)は最終日の14日、第12Rで決勝が行われ、混戦をまくった松岡健介がマークの村上博幸を振り切って快勝。2012年2月の『花月園メモリアルin小田原』以来となる2度目のGIII制覇を遂げた。人気の地元トリオが4着以下に敗れ、3連単は34万円超の高配当となった。

 レースは打鐘で巻き返した松井-和田-郡司から中村が離れ、清水-松岡貴-松岡健-村上が続く。まくった清水を郡司がブロックすると、内を突いた松岡貴が松井と和田の間を突き抜けるが、そこを松岡健がまくり切って1着。マークの村上が2着に流れ込んだ。

 ◆松岡健介「清水君の3番手は作戦通り。人気もなかったので緊張もしないで走れた。準決勝をクリアできて気持ちのうえで楽になったし、きょうは博幸に抜かれなくてよかった」

【上位3選手の次走予定】
(1)松岡 健介 松 山 (FII)5/25~
(2)村上 博幸 松 山 (FII)5/25~
(3)岡村  潤 松 山 (FII)5/25~

閉じる