【14日平塚11R】『お宝探し』~吉村和之

2019.5.14 04:58

 第11Rの特別優秀は、ライン的には分かりやすい3人ずつの3分戦。三谷竜生に村田雅一-沢田義和の兵庫勢が付けて近畿ラインを組み、鈴木竜士には大槻寛徳-鈴木誠の東北勢がマーク。また高橋和也には前日と同様に中部同士の吉村和之が付け、その3番手を峰重祐之介が固める。

 3日目の特選でようやく今シリーズの初白星を挙げた三谷がS級S班の貫禄からも人気を集めることになるだろうが、特選の1着は近畿ラインで藤井栄二という“足場”があってのもの。ここはメンバー的にも自力で戦わざるを得ないが、前日の1勝だけで準決勝にすら進めなかった悪い流れを断ち切れたとは到底思えない。別線にも力のある機動型が控えているだけに、決して本命サイドで決まるようなレースではないはずだ。

 ということで、ここは吉村の頭で穴狙いといく。今シリーズの吉村は二次予選こそ目標の広田敦士が行けずに後方9番手のまま9着と敗れたが、一次予選で広田マークからの2着流れ込みで松井宏佑に先着すると、3日目の特選では高橋の先行を追い込んで小松崎大地らに快勝している。特選同様、ここも高橋マークで勝負に出るが、再び先行策なら吉村が番手で恵まれるシーンが見られそうだ。

 車券は吉村からの3連単。2着、3着は流して(4)-全-全が狙いだが、点数を減らしたければ(8)鈴木誠と(9)沢田を外せばいい。

閉じる