【23日平塚11R】『お宝探し』~河野通孝

2019.4.23 04:56

 第11RのS級準決勝は3人ずつのきれいな3分戦。蒔田英彦に地元の松谷秀幸-林雄一が付けて南関ラインを組み、長島大介-河野通孝の関東勢には大森慶一がマーク。そして市橋司優人-大坪功一の福岡勢には西のラインで佐々木則幸が続く。

 得点上位の地元・松谷が人気になりそうだが、蒔田マークというのはちょっと引っ掛かる。特選のように自力でやるというのなら大きく崩れることはないだろうが、人をアテにする競走だとどうしてもリスクが伴う。現に松谷らを相手に初日の特選を制した長島も控えており、簡単に地元ペースというわけにはいかないだろう。

 狙ってみたいのは河野だ。初日の予選は目標の恩田淳平が行き切れない中、巧みな切り替えで2着を確保しており、動きとしてはなかなか軽快だ。栃茨ラインで長島を使えるここ、その長島が自力で早めに出るようなら番手の河野にもチャンスはある。

 車券は河野からの3連単。長島、松谷を2着に固定しての3着流しで、(5)-(2)-全、(5)-(9)-全と狙う。

閉じる