競輪:ニュース競輪

2019.4.22 04:56

【22日平塚12R】『お宝探し』~田中晴基

 初日のメイン、第12RのS級特選は細切れの4分戦。脚力的にも伯仲しており、いかにも荒れそうな雰囲気が漂う。

 予想される並びだが、長島大介に関東ラインで諸橋愛が付け、竹内雄作には中部ラインで坂口晃輔がマーク。そして前後が微妙だった南関勢はすんなり松谷秀幸-田中晴基に落ち着き、中部勢とは別線になった山本伸一には池田良がマーク。また大坪功一は単騎で決めずにいくようだ。

 どこからでも狙える難解な一戦だが、穴で狙ってみたいのは田中だ。近況は3月の小倉GIIIで優出を果たすと、続く前々回の武雄記念は優出こそならなかったものの2・6・4・1着と2連対。さらに前回の高知記念では2・5・1・(9)着と準決勝では吉田敏洋、清水裕友らを破っており、状態の良さならここでも上位のものがある。ここは地元の松谷に付けるが、その松谷が調子を確かめる意味で早めに動く展開になれば、田中が番手で恵まれるケースがあっても不思議ではないだろう。

 車券は田中からの3連単。点数は増えるが2着、3着を流して(8)-全-全と狙う。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。