競輪:ニュース競輪

2019.4.21 09:04

【21日川崎12R】本紙の見解&選手コメント

郡司浩平

郡司浩平【拡大】

《決勝》特選、二次予選は2着に終わった郡司が、準決勝で松井のまくりを捕らえて待望のシリーズ初白星。その準決勝同様、ここも松井という好目標があるうえ、3番手は地元ラインで志佐がしっかりガード。松井が不発に終わらない限り、番手から抜け出して一昨年に次ぐ2度目の当所記念制覇が有望だ。

関東ラインで吉田拓に乗って迫る平原との争いとみて、両者の車連単〔2〕⇔〔5〕を本線に、〔2〕〔1〕、〔2〕〔9〕。平原で〔5〕〔3〕、〔5〕〔1〕にも警戒。

〔1〕三谷「窓場君のおかげだけど、押し切れているし調子は上向いている。自力」
〔2〕郡司「1着を取れてほっとした。体調自体は問題ないので。松井君に任せる」
〔3〕吉田拓「ギアの組み合わせを変えたら感じが良くなった。いつも通り自力で」
〔4〕岩本「番手を任されたレースだったので、気合一本だった。単騎で自力勝負」
〔5〕平原「すごく余裕はあったし、(吉田拓と)ワンツーで良かった。再度任す」
〔6〕志佐「記念の決勝は初めて。積極的に動けているし状態はいい。地元3番手」
〔7〕松岡「調子は良くなってきているけど、みんなが強かった。三谷君に任せる」
〔8〕吉田茂「展開も向いたけど、初めて記念の決勝に乗れて良かった。単騎戦で」
〔9〕松井「先行できなかったけど悪くない。新人らしく行きっぷりいいレースを」