競輪:ニュース競輪

2019.4.20 04:54

【20日川崎10R】『お宝探し』~簗田一輝

 準決勝の第10Rは松岡貴久、吉田拓矢、簗田一輝の3分戦。予想される並びだが、吉田-平原康多の関東勢に西田雅志が続き、簗田には南関ラインで小原太樹-松坂英司の地元コンビがマーク。また松岡には同県の合志正臣が付けるが、川口公太朗は単騎で自在に戦うようだ。

 吉田の先行が予想されるだけに番手を回る平原が人気を集めそうだが、松岡、簗田、さらに川口の波状攻撃もあるため吉田もそう簡単には駆けさせてもらえないだろう。

 穴で狙ってみたいのは簗田だ。深谷知広に駆けられた二次予選Aはまくり届かず4着に終わったが、初日の一次予選では窓場千加頼の先行を7番手からのまくりで仕留めているように、調子に関しては何ら問題はなさそうだ。ここも吉田にすんなり出られては苦しいが、松岡や川口がかき回してレースがもつれれば、簗田が得意のまくりで届いてくるシーンも見られるはずだ。

 車券は簗田からの3連単。マークする小原との(7)⇔(3)から3着は流しで。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。